沖縄縁起物結婚指輪「ミンサー柄結婚指輪」“ウンスー” – 結婚指輪・婚約指輪なら沖縄ミンサー柄結婚指輪「むすび」

沖縄縁起物結婚指輪「ミンサー柄結婚指輪」“ウンスー”

みなさま今晩は
今日は沖縄縁起物結婚指輪むすびのもっとも定番アイテム
ミンサー柄結婚指輪シリーズの
“ウンスー”

沖縄縁起物結婚指輪ミンサー柄ウンスー1
をご紹介しますね。
ミンサー柄
沖縄の伝統工芸である正式名称“八重山ミンサー”(ミンサー織)の、
五と四の升目を文字って
『いつ(五)の世(四)までも永遠に・・・』
という意味を持つ柄の事を言います。
伝統工芸の中でこれだけシンプルかつ、
ストレートに男女の想いを表現しているものは珍しいと思いますよ
実際に琉球王国時代には、戦いに行く男性に女性がミンサー織を織って
渡したといわれており、その素敵な思いが今もなお受け継がれているのです。
なんて素敵な意味と紋様なのかと、はじめて見たときから思っていて
今はPlanetの店長からもらったミンサー柄のペンダントを毎日してるんですよ
この素敵な意味と柄を、結婚指輪に彫ってほしいという
お客様からのオーダーメイドから生まれたのが
このミンサー柄シリーズなんですって。
沖縄をこよなく愛するウチナーンチュから生まれた発想を
もっと広く伝えて行きたいということで商品化
したんだそうです。
その時にさらにアレンジとして提案したことから
このシリーズが沖縄結婚指輪と自信を持って呼べる物となったのが
“むすび柄”を加えたことにあります。
結び指輪とは、
琉球王朝時代の色町に徴集されていた女性が、
その当時の「かんぜーくー(金細工師)」に頼み
夫婦の絆として身につけたのがはじまりではないかといわれているそうです。
男女の絆の想いを二本の“結び”という形でデザインされているのが
結び指輪なんです。
実際に丸い紐を軽くひと結びして、その時に出来た輪の中に
もう一本の紐を絡ませて、同じようにひと結びして、
同じ側の紐を引っ張ると“結び”の形が出来るんですよ
とってもカワイイので試しにやってみてください。
プレゼントなどの包装のときにもカワイイのでやってみてくださいね
この結び指輪を幾何学的に図案化したのが
“むすび柄”
と呼んでいるんです。
このふたつの意味をあわせることによって

沖縄縁起物結婚指輪むすびの本当の意味
『いつ(五)の世(四)までも共に結ばれて・・・』

という意味になるんですよ。
本当に素敵だと思いませんか。
というよりこれ以外の想いを込めるなんてあるとは思えないという感じですよね。
この想いを込めた結婚指輪のシリーズで、
3mm幅という最も結婚指輪としてはオーソドックスなスタイルをしているのが
この
“ミンサー柄結婚指輪 ウンスー”なのです。
沖縄縁起物結婚指輪ミンサー柄ウンスー2
むすび柄はふたりの結婚指輪を重ねたときに浮き上がるようになっていて、
「ふたつの結婚指輪が重なるとき、この結婚指輪の想いは完成し
いつ(五)の世(四)までも共に結ばれて・・・となるのである」

なんていうナレーションが流れそうな神秘的なデザインになっています。

沖縄縁起物結婚指輪ミンサー柄ウンスー3
あまり書きすぎてしまうともったいないので今日はこの辺にしておきますね。
こんな感じでシリーズの紹介をしていきますのでお楽しみに

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 沖縄縁起物結婚指輪「ミンサー柄結婚指輪」“ウンスー”
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
にほんブログ村 

Post a Comment

Your email is never shared.